2019年12月9日月曜日

クリスマスコンサートのお知らせ

最近はスタジオへ伴奏に行くと、吹き抜けロビーで3階まで届く大きなツリーがお出迎えしてくれます。


クリスマスツリー発祥の地が留学先だったこともあり、クリスマスは当時の日々を思いおこす良い機会となっています。

さて、そんなシーズンにふさわしいコンサートにギター科講師近藤が出演させて頂きます。
パリに留学経験をお持ちのフルーティスト榎本さんとの共演です。


会場は、北九州市小倉の勝山公演近くにあるル・ポン・ド・フェールというフランス料理のレストラン。美味しいお食事を楽しみながら音楽を聴いて頂くというコンサートです。このレストランでの榎本さんとのコンサートは実に4年ぶりになります♪


お店はまるでフランス?!と思ってしまうような内装、お食事も口福感たっぷりです。

ご興味のある方は講師までお問合せ下さいませ。

2019年12月5日木曜日

終了しました@点灯式&コンサート

寒さが本格的になり始めた夜に街のイルミネーションが心をあたためてくれる、そんな一夜にふさわしいコンサートとなりました。


この点灯式&コンサートは昨年より始まり今年は2回目と伺っています。
「大学のオープン化を目指し地域の子供達にも参加してほしい」というアイデアからお話が進み、実現した今回の出演です。
発表会とは違う空気感の中、出演者の9名は立派に役目を果たしてくれました。

1ヶ月という短い準備期間で人前で演奏する…生徒さん達の瞬発力と集中力は、講師の私も目を見張るものがありました。
さすが日頃のレッスンの賜物☆と自画自賛しています(笑)←コラコラ(-_-;)


会場となった大学構内の吹き抜けロビーは、ステージ側から見上げると、まるでオペラハウスのような雰囲気で気分が盛り上がりました。


会場後方では飲食コーナーが設けられ、お食事を楽しみながら演奏も聴く事が出来ます。


本番では多くのお客様に聴いて頂きました。

親御さんから

「大学の構内にはなかなか入る事がないので貴重な機会となりました」
「とても楽しかったです」

とのお声を頂きました。

指導者としての反省点はありますが、新たなアイデアが湧いてきたりして私にとっても良い機会となりました。


地域の皆様と音楽を通した交流が出来た事、嬉しく思います。
スタッフの皆様、生徒の皆様、ご協力ありがとうございました。

googleで自動編集された動画がスマホに上がってきたのでこちらに載せてみます。
(BGMが流れます。演奏の音はかすかに聴こえます。)


2019年12月2日月曜日

クリスマスシーズンのはじまり

クリスマスに向けアドベントが始まるこの時期からクリスマスシーズンが始まります。

ギター科講師近藤は、長崎は大浦天主堂にて開催された「クリスマスコンサート」に出演致しました。
通常18時には閉館する世界遺産の建築物を夜の時間帯に拝観しながら、ヨーロッパ音楽の調べに耳を傾けるという貴重な機会を頂きました。


瀬崎明日香さんのバイオリン、井上周子さんのリュート、そして近藤のギターという興味深い組み合わせです。


パリ、リヨン、ストラスブールと皆フランス国内で勉強してきたためか、音楽を合わせた瞬間から言葉を交わさなくとも通じ合える感性が心地よいメンバーでした。


お越し下さいましたお客様、共演者の皆様、主催のNPO法人世界遺産長崎チャーチトラストの皆様に感謝いたします。


さて、そして今週には教室のピアノ科の生徒さんも参加させて頂く「点灯式&コンサート」が校区内の大学で開催されます。


地域の方との音楽を通した交流を心待ちにしながら絶賛ラストスパート中です。

2019年11月22日金曜日

達成感

講師の性格上、楽譜は隅々まで使い切る性分でして…楽譜に沢山の事を書いてレッスンしています。
そして楽譜が終わる頃には私が勝手に達成感を感じています(笑)
その感覚を生徒さんにも味わっていただきたいと思い、終わった楽譜にご褒美シールを貼っています。

カワイイ手に癒されます♪

9年目に入る2020年は、新たなプロジェクトを沢山始めます。
生徒さんにも新世界をお届けできるように講師陣も日々勉強中です。


2019年11月21日木曜日

発表会に向けて

年明けに予定している第9回となる教室の発表会に向け、少しずつ集中し始めています。
発表会、ステージに立つのは一人。ですが、生徒さんの個々の参加が叶わなければ実現不可能なイベントです。いつも生徒さんのご協力に感謝して準備を進めています。

その発表会に向けて、今回デビューとなる年長さんのRちゃん。
手の形が綺麗になってきてタッチもしっかりしてきました。


5年生のSちゃんは、ソナチネ全楽章に挑戦します。
それぞれの楽章の曲想に合わせてダイナミクスをつける段階に入りました。


年末までに曲がまとまったら、年明けからラストスパートです。
一段と成長した演奏をお届けできるようにレッスンを進めています。

話は変わって…。

近所にある遊園地「かしいかえん」で、最近クリスマスイルミネーションが始まったので、寒さが本格的になる前に足を運んでみました☆


近くで見ると煌びやかな光に圧倒され、心が明るく温かくなります。
暗くて長い夜が少し待ち遠しくなる、そんなひとときでした。


2019年11月12日火曜日

ギター科生徒さんへのインタビュー♯3



【ニックネーム】


りっちゃん

【ギター歴】


17年

【こんどう教室歴】


3年

【ギターを始めたきっかけは何ですか?】


若いころ8年位習ってました。

【こんどう教室へ来られたきっかけは何ですか?】


友達に誘われて参加しました。

【こんどう教室(でのレッスン)は如何ですか?】


とっても充実していますし、とっても楽しくレッスン受けています。

先生の教え方が的確でわかりやすいので、私のような年配でも理解しやすいと思います。

【これからギターを使って実現したいことは何ですか?】


先生を中心に皆で楽しく練習できればうれしいです。


ご協力ありがとうございました。

2019年11月11日月曜日

みんなで(^^♪

安田が学生時代に通っていた「子供のための音楽教室」でも、音楽大学時代も、ピアノのレッスン以外に存在したクラスの一つに合唱があります。小中学生の頃に声楽の専門の先生から発声法をご指導して頂いた事、今思い返すと、とても贅沢なレッスンだったなと思います。留学中もよく恩師から「声に出してうたうんだ‼」と熱心にアドバイスを受けました。

そのくらい「うた」というのは楽器を演奏する上でとても大切。

歌う事を恥ずかしがらず、身近に親しみを感じてほしいと願う気持ちから、私達も合唱クラスを始めてみました。


講師は香住ケ丘在住の声楽家、林麻耶さん。


「皆で心を一つにして歌う」をモットーにワークショップのような形で進めて頂きました。


専門の先生が引き出して下さる生徒さん達の持つ魅力。


その道を切り開いていく方の何気ない一言で、子供達は見た事のない化学反応を起こします。


合唱クラスはあと2回予定しています。


3回目の時にはどんな一体感が生まれるのか今から楽しみです♪

2019年11月4日月曜日

秋の徒然日記

今年は10月でも汗ばむ気候が続きました。


そんな中、秋らしい食材をお裾分け頂いたので作ってみました。


まずはスウィートポテト。
大量に作りおきをして冷凍庫で保管。


小腹が空いたらトースターで温めて挽き立てのコーヒーのお供にしています。

そして栗の甘露煮。


煮崩れしないように心を砕いて仕上げました。
我ながら上出来な仕上がりでした。

別の日には美味しーい手作り水餃子をご馳走して頂きました。
もっちり&ムチムチ。弾力がハマります。


ニンニクを使っていないのでニオイが気にならず、又、油を使っていないのでヘルシー。中の具に春雨やお野菜等を入れたらカロリーも気にならない。
時々食べたくなる一品です。

最近までは教室のエントランスに飾ったバラは蕾から綺麗に花開いてくれました。


そして、月末にはハロウィン。
伴奏に行っているスタジオは毎年この日は仮装しています。


なんというか、気合の入れ方が凄いです。
私も便乗して楽しませて頂きました。

気が付けばもう11月です。
クリスマスに向けてコンサートの準備が始まり、年明けの教室のイベントの段取りも具体化してきました。

またブログでもご案内していきますのでお楽しみに。

2019年10月28日月曜日

終了しました@ギターリサイタル

令和元年10月23日に開催されたギター科講師近藤のリサイタルはお陰様で盛会の内に終了致しました。

新聞でもご紹介頂きました

ギター愛好家なら一度は弾いてみたい、弾いたことがある、けれどもプロのコンサートでは聴く機会の少ない曲目をコンセプトにプログラムを組み立てました。

ギターが何故2台あるのかは
お客様のみぞ知る…。

お越し下さいましたお客様に分かりやすい解説と演奏を心がけ、皆様熱心に聴いてくださいました。

響きの豊かな会場です

平日の昼間の時間帯の開催でどのくらいのお客様に反応があるのか未知数ではありましたが、「むしろこの時間帯だからこそ来る事が出来た」と喜んでくださる方が多くいらっしゃいました。

ステージを秋らしく彩って下さいました

あまりの嬉しさにトークに熱が入りすぎてしまいました(*_*;
そのくらい「静かなる熱気」に溢れた時間となりました。


コンサートの演奏の様子を少しだけご紹介します。
スタッフによるスマホでの撮影ですので音質画質についてはご容赦ください。

お越し下さいましたお客様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

2019年10月21日月曜日

ギター科生徒さんへのインタビュー♯2


【ニックネーム】


小春日

【ギター歴】


(レッスン歴)15年

【こんどう教室歴】


7か月

【ギターを始めたきっかけは何ですか?】


中学生時代アルハンブラの想い出のレコードを聞いて感動したことで、いつか弾けるようになりたいと思っていました。

【こんどう教室へ来られたきっかけは何ですか?】


教室の知人から先生の演奏、教え方などが良いと日頃聞いていました。

【こんどう教室(でのレッスン)は如何ですか?】


指導法が論理的で分かり易い。個人に合った指導をされているように思います。

【これからギターを使って実現したいことは何ですか?】


技術的なもの、表現力を強化したい。

ギターを使ってボランティア活動(がしたい。)

ご協力ありがとうございました。

2019年10月18日金曜日

ギター科生徒さんへのインタビュー♯1



【ニックネーム】

Puppy

【ギター歴】

15年(長期間のブランクあり)

【こんどう教室歴】

8年

【ギターを始めたきっかけは何ですか?】

私が14歳の頃テレビドラマ「木枯らし紋次郎」の主題歌「だれかが風の中で」で弾かれていたギターの伴奏、アルペジオが弾きたいと思い、それならば基礎からきちんと習いなさいという当時の父の教えもあり、ギター教室に通うことになりました。
ギターケースを持って街なかを歩きたいと思ったのもきっかけのひとつです。
当時流行っていた白いギターを兄が買ってきてくれたのですが、私はその白いギターが嫌いで早く茶色のギターを買って欲しかったのを覚えています。

【こんどう教室へ来られたきっかけは何ですか?】

近藤先生がフランス留学から帰って来られて、あいれふ(ホール)で弾かれた演奏に感動!!
今まで聴いてきたギターの音色とは全く違う、ある意味衝撃!!!
あのような素敵なギターの音色、演奏は初めて聴いた気がしました。
是非こんな素晴らしい演奏をされる先生に習いたい、そしてフランスで6年間勉強されてきた事を少しでも学びたいと強く思いました。

【こんどう教室(でのレッスン)は如何ですか?】

例えば弾けない箇所があったとしたら、今までは根性論でとにかく弾けるようになるまでがむしゃらに練習するように言われてきました。そのため何度か指を痛めたこともありました。ところが先生はなぜそこが弾けないのか、どこに原因があるのかを見極め、それではどうしたら弾けるようになるかの対策を考え(運指を変える、どの指をリードにしたら良いか・・・etc.)確実に弾けるように指導してくださいます。
100%解決策を見出してくださるのです。
表現も豊かに各々にあったわかりやすい説明で、納得がいくまで根気よく教えて頂けることが本当に素晴らしいと思っています。

【これからギターを使って実現したいことは何ですか?】

アンサンブルでのボランティア演奏、フェスティバルなどの参加
ご協力ありがとうございました。

2019年10月9日水曜日

ギターリサイタル2019のお知らせ

ギター科講師近藤は10月にギターリサイタルを開催させて頂きます。

福岡市舞鶴にある響きの豊かな教会でギターの調べに耳を傾けてみませんか。
こちらからもご予約できます。お気軽にお問合せ下さいませ。

ギターリサイタルご予約受付

日にち 20191023日(水)
時 間 14時開演(13:30開場)
場 所 九州キリスト教会館4階礼拝堂
(福岡市中央区舞鶴2丁目7-6)
入場料 一般3000円/学生1000円

2019年10月3日木曜日

Sweet Little Pianist

芸術の秋にちなんでいるのかどうかは定かではありませんが、この時期は小学校・中学校での音楽会や合唱発表会が色々な学校で催されるようです。

毎年夏休み前に数名の生徒さんが「挑戦してみたい」と合唱の楽譜を持ってきます。

今年は2名(小学生1名・中学生1名)が伴奏予定でレッスンしています。

小学生のRちゃんは今年初挑戦。仕上がる速度はゆったりですが、コツコツと確実に磨き上げる性格。ひたむきな姿に講師の胸はキュンキュンしています(笑)



中学生のMちゃんは3年連続で伴奏をしています。3年目の今年はすこしロマン派の要素が入った難易度高めの曲でしたが、受験勉強の忙しい中、ほぼ一人で譜読みをして頑張りました。



明らかに生徒さんの負荷がかかりそうな伴奏譜は学校の先生の許可を得て、講師がレベルに合わせた伴奏に編曲しています。

役割を与えられた小さなピアニスト達はクラスメイトの為に「縁の下の力持ち」になっています。
素敵な音色が届きますように。

2019年10月2日水曜日

門下生のあゆみ、はじめました。

指導の記録として、成長の記録として、また生徒達に横の繋がりを感じてもらうきっかけとなることを願い、生徒の演奏動画を掲載することにしました。

題して「門下生のあゆみ」

懸命に頑張る生徒たちが日々しっかりと、きちんと学んでいる姿を見て、これからもっともっとギターを好きになってくれる人、始めたい人が増えるといいな、と思います。

【ニックネーム:K】
【ギター歴:小学2年生の春に始めて4年半】
【こんどう教室歴:(2019年)11月で2年になります】