2019年10月9日水曜日

ギターリサイタル2019のお知らせ

ギター科講師近藤は10月にギターリサイタルを開催させて頂きます。

福岡市舞鶴にある響きの豊かな教会でギターの調べに耳を傾けてみませんか。
こちらからもご予約できます。お気軽にお問合せ下さいませ。

ギターリサイタルご予約受付

日にち 20191023日(水)
時 間 14時開演(13:30開場)
場 所 九州キリスト教会館4階礼拝堂
(福岡市中央区舞鶴2丁目7-6)
入場料 一般3000円/学生1000円

2019年10月3日木曜日

Sweet Little Pianist

芸術の秋にちなんでいるのかどうかは定かではありませんが、この時期は小学校・中学校での音楽会や合唱発表会が色々な学校で催されるようです。

毎年夏休み前に数名の生徒さんが「挑戦してみたい」と合唱の楽譜を持ってきます。

今年は2名(小学生1名・中学生1名)が伴奏予定でレッスンしています。

小学生のRちゃんは今年初挑戦。仕上がる速度はゆったりですが、コツコツと確実に磨き上げる性格。ひたむきな姿に講師の胸はキュンキュンしています(笑)



中学生のMちゃんは3年連続で伴奏をしています。3年目の今年はすこしロマン派の要素が入った難易度高めの曲でしたが、受験勉強の忙しい中、ほぼ一人で譜読みをして頑張りました。



明らかに生徒さんの負荷がかかりそうな伴奏譜は学校の先生の許可を得て、講師がレベルに合わせた伴奏に編曲しています。

役割を与えられた小さなピアニスト達はクラスメイトの為に「縁の下の力持ち」になっています。
素敵な音色が届きますように。

2019年10月2日水曜日

門下生のあゆみ、はじめました。

指導の記録として、成長の記録として、また生徒達に横の繋がりを感じてもらうきっかけとなることを願い、生徒の演奏動画を掲載することにしました。

題して「門下生のあゆみ」

懸命に頑張る生徒たちが日々しっかりと、きちんと学んでいる姿を見て、これからもっともっとギターを好きになってくれる人、始めたい人が増えるといいな、と思います。

【ニックネーム:K】
【ギター歴:小学2年生の春に始めて4年半】
【こんどう教室歴:(2019年)11月で2年になります】

2019年9月19日木曜日

敬老会

今年の9月には暦の上で2回3連休があります。
一回目の連休は敬老の日があり、各地で敬老会が開催されていた事と思います。


ギター科講師は、とある敬老会にお招きいただき、ギター演奏をしました。


帰りには地元の方におススメして頂いたコスパの良い定食ランチを食べてみました。
小鉢二品+ふぐの天麩羅+お刺身の盛り合わせで1500円(^^♪
ちょっとだけ奮発するけれどお得なランチでした。


別の日には日帰りで少し遠出をしました。


自然のパワーを沢山浴びてリフレッシュしてきました。


裸足になって川の水に触れると、それだけで体がほぐれていくのを感じます。


またまたパワーアップした講師陣、更にエネルギッシュにレッスンをしていきます(*^-^*)

2019年9月18日水曜日

お月見コンサート

中秋の名月の日の夕暮れ時に開催された「お月見コンサート」に講師2人で演奏させて頂きました。

お月見コンサート


スタッフの方たちが立派なステージと照明を準備してくださり、素敵な中庭で音楽に耳を傾け、コンサートが進むにつれて暗闇に包まれ、終わる頃には満月を眺めるという、とても贅沢な時間を過ごす事ができました。


この機会にこの季節のお月見には意味がある事を改めて学ぶことが出来ました。

何よりも「演奏だけで充分素敵でした」と演奏後に感想を頂いたことが嬉しかったです。
耳を満足、心を満足、そして日々の活力となりますようにと願いながら準備を進めています。


お越し下さいました地域の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

2019年9月17日火曜日

審査をさせて頂きました

8月のお話になってしまいますが、ギター科講師近藤は「長崎若い目のコンサート」オーディションでの審査をさせて頂きました。


長崎出身の近藤、故郷で若い才能に巡り合えるこの機会に感謝しながら聴かせていただきました。

コンサートは2019年10月13日㈰アルカスSASEBO中ホールで行われます。
お時間の許す方は是非足をお運びくださいませ。


2019年9月16日月曜日

嬉しいご報告

香住ヶ丘ミュージック・スクールはNPO法人国際教育推進協議会の活動を応援しています。フィリピンの子供達に楽器とお洋服を寄付するという活動を始めて4年目と伺っています。

NPO法人国際教育推進協議会

昨年、教室の生徒さんにお知らせをしたところ、沢山の楽器とお洋服を寄付して頂きました。

昨年9月に回収に来てくださいました

先日、インターン生がその楽器等を現地の子供達へ届けた事のご報告をしにお越し下さいました♪


お話によると、楽器は扱いが難しく輸送手段は一苦労だったそうです。お洋服に関しましては予想をはるかに超える数を集める事ができたそうで、現段階で半分だけお届けしたとの事。


生の楽器に触れる事は情緒を安定させ情感を豊かにする効果があるように思います。
現地の子供たちの人生が音楽を通して更に豊かになりますようお祈りしています。


ご協力下さいました生徒の皆様、ありがとうございました。

2019年9月10日火曜日

期間限定で見られます

ピアノのレッスン部屋には期間限定でチェンバロが置いてあります。


正確にはスピネットという、ミニチュア版チェンバロです。


メヌエットやソナチネはチェンバロで奏でるとやはり雰囲気が出て良いですね(^^♪


生徒さん達もハンマーでたたくピアノとは違うチェンバロの爪弾く音色に感動してくれています。

2019年9月9日月曜日

ギターフェス in 長崎

暦の上では「秋」ではありますが、まだまだ残暑の厳しい九月上旬、ギター科講師近藤はこちらのギターフェスティバルにゲスト出演させて頂きました。




九州各地からギター愛好家が集まる賑やかなフェスティバル。
沢山の素敵なギターリストの方々と触れ合う場となっています。


いつの日か当教室のアンサンブルでも出演できる日が来るといいなと願っています。


参加者の皆様、ご来聴下さいましたお客様、主催者様、ありがとうございました。

2019年9月4日水曜日

山口ギターコンクール結果

山口ギターコンクールは「気軽に受けて、真面目に審査」をモットーに50年近く続いている日本国内では老舗の全国展開(全国から参加可能)のコンクールです。
この夏、ギター科講師近藤の門下から6名が参加し、そのうち4名がみごと受賞いたしましたのでご報告します。
小学5・6年生の部 金賞 
青木馨さん
中学生の部 銀賞 
池田陸人くん
高校・大学生の部 銀賞
(金賞は大学4年生。高校生では実質第一位!)  
因幡瞭くん
一般 中級の部 銅賞 
濱﨑智明くん

4人ともおめでとうございます!!

普段レッスンをしている私や保護者の方にしかわからない事ですが、受賞の中にも「ギリギリ間に合っての受賞」や「他の曲もこなしつつの受賞」、「体調不良の中での受賞」など結果からは見えてこない事も色々とあり、それぞれが感じる体感的な(?)受賞の価値は様々ではないかと想像します。

でもどんな形であれ、受賞は受賞です。
参加者数に関わらず受賞に相応しくない演奏に審査員が賞を差し上げることはありませんので、有難く、かつ堂々と受け取って欲しいと思います。

そして、ここからまた次(未来)に向かってステップアップしていきましょう!!

※ コンクールで思うような結果がでない方、より良い結果を残したい方、これからコンクールに挑戦したい方は是非ご相談ください。
現在、ヨーロッパを中心にギターの音楽的、技術的レベルは数十年前に比べ飛躍的に向上しています(価値観の問題はさておき)。もはや日本の地方都市で行われるコンクールであっても、やみくもに練習し、ただ間違いなく曲が弾けるだけでは受賞するには十分ではありません。受験と同じように、あなたが天然の才能だけで立ち向かえないなら(素の自力でなんとかできないなら)ば、しっかりと傾向と対策を考える必要があります。傾向は各コンクールによって様々でしょうが、ごく一般的な対策として、例えばクラシックの音楽理論・楽曲分析に基づき曲を解釈・演奏する、音楽に奉仕する様々なテクニックを身につける、緊張しないまたは緊張しても弾けるようになる、より良い選曲をする、などある一定のノウハウがありますので、それを身につけること、あるいはそれを教えてくれえる先生に習う事です。(もちろん、それに併せてご自身の理解や努力は欠かせません。)

かく言う私も日本でコンクールを受けていた時には何を目指したらいいのかもわからず、ただやみくもに練習を重ねることしか考えておらず、結果だけを見れば地方のコンクールとはいえ立て続けに一位を頂きましたが、ヨーロッパではほぼ初心者からのスタートでした。再スタートではありません、今思えばそこが本当の意味でのスタート地点でした。(ギターはある程度弾いてはいましたが、音楽という意味ではほぼゼロに等しい状態でした。)それほど、ヨーロッパでは音楽教育が進んでいますし、無茶苦茶レベルの高い先生がその辺にゴロゴロいます。逆に言うと、、、悲しくなるのでこれ以上は言いません。(´;ω;`)

閑話休題、コンクールで思うような結果がでない方、より良い結果を残したい方は是非一度ご相談ください。
熱意をもって頑張るあなたの力になりたい!

2019年8月27日火曜日

OBSラジオで流れました

大分銀行ウェンズデーコンサートは公開録音、後日OBSラジオで放送されます。
6月に出演させて頂いたギター科講師近藤の演奏も7月27日と8月3日流れたそうです。

こちらから一部視聴が出来るようですので、ご紹介させて頂きます。
(パソコンのみ視聴可能です)

OBSラジオ

話が変わりますが、先日九州限定のアイスバーを発見しました。

懐かしさを感じるすっきりしたヨーグルト味で私好み。
お値段なんと80円‼
また見つけたら購入したいと思います。


2019年8月12日月曜日

ラストスパート

プランターでささやかに育てていたオクラが初収穫できました♪
こうやって育ててみると初心者向きとはいえ難しいです。
当たり前のようにお店で購入する事ができる野菜のありがたみを感じます。


さて、ピアノ科講師安田が伴奏している福岡スタジオでの発表会があり、私も小品を2曲お手伝いさせて頂きました。

客席からバッチリ見えます

将来の素敵なバレエダンサーの卵たちの素晴らしい舞台に立ち会えたことを幸せに思います。

ステージから見た客席

又、私の出身大学の後輩達がスペシャリストとなって主戦力として引っ張っている姿はとても頼もしく沢山の刺激を頂きました。

どうでもいいけど私以外皆平成生まれ

光陽コンサート、ロビーコンサート、その他ミニコンサートの中、最後にこの公演、その間に教室でのレッスン、とても充実した夏となりました。

夏後半は家族とゆっくり過ごしたいと思います。

2019年8月10日土曜日

終了しました@ロビーコンサート

2019年8月7日に開催されましたロビーコンサートはお陰様で沢山のお客様にお集まり頂き無事に終了致しました。

念願のツーショット

電子ピアノでの演奏だったのですが、さくらさんの瑞々しい演奏と会場となったロビーの豊かな響きに助けられて楽しく演奏することができました。
「東区まるっと情報」にも掲載されています。

ロビーコンサートの様子

友人や生徒さんをはじめ、先日の光陽でのコンサートにお越し下さいましたお客様も再びいらしてくださり、あたたかな雰囲気に包まれました。

夏らしいブーケを頂きました

こちらからコンサートの様子を少しだけご覧いただく事ができます。

ロビーコンサート動画

お越し頂きました沢山のお客様に感謝いたします。
ありがとうございました。

2019年7月30日火曜日

ロビーコンサートのご案内



【なみきスクエア・ロビーコンサート】

日にち 2019年8月7日㈬
時 間 15時~
場 所 なみきスクエア・ひまわり広場

福岡を拠点にご活躍中のバイオリニスト松本さくらさんとの共演です。
クライスラーの小品と夏にまつわるア・ラ・カルトを散りばめた、心躍るプログラムをお届け致します。

どなた様でもお気軽にお越し頂ける入場無料のコンサートです。
お時間の許す方、是非ご来聴下さいませ。

2019年7月29日月曜日

夏本番(^^♪

ジリジリと日焼けをする季節がやってきました。
体がこの急激な変化にまだついていかない講師陣です。

先日生徒さんが自家菜園で収穫したお野菜をお裾分けして頂きました☆
ほんっとうに甘くて美味しかった!!ありがとうございました。


そして、シックなワインバーで素敵なバイオリニストとコンサートを。


お客様からの差し入れをバーテンダーが手際よくフルーツカットして下さり、美味しさ倍増でした♬


何より美味しいワインとシャンパンを頂き、五臓六腑が久々に喜んでいました(笑)


夜の天神界隈を過ごすのは数年ぶり。良い気分転換になりました。

そんな素敵なバイオリニストは松本さくらさん。
別の日にはグランドピアノが置かれている光陽さんの店舗でのコンサートに出演しました。


お暑い中、沢山のお客様にお越し頂きました。
ありがとうございました。

嬉しいサプライズ☆

そして7月最終土曜日は土用の丑の日。
豪華なウナギ弁当を差し入れして頂きエネルギーチャージ。


夕方には「かしいかえん」内で開催される校区の夏祭りへ。


手入れの行き届いた色とりどりのお花や柔らかい芝生に癒された時間でした。

2019年7月3日水曜日

最近のあれこれ

本格的に梅雨入りしたかと思えば、南九州での大雨、被害が広がらない事をお祈りしています。対照的に福岡は梅雨入りしたにも関わらず水不足が続いているようで、今現在貯水率が20%だとか。日頃からの節水の意識を今から心がけて過ごしていきたいと思っています。

梅雨入り前のお天気の日に所用で本州へドライブ。


瀬戸内海を見渡せる場所まで往復6時間の旅路でした。
九州で見る緑の色、海の景色とはまた違う風景にリフレッシュしました。


そして、生徒さんからの釣りたてのイサキをお裾分けして頂きました。
初日はカルパッチョにしたらプリプリ、翌日はムニエルにしてふわふわの食感に舌鼓しました。
それから果実ぎっしりの佐藤錦の贈り物をむさぼるように食べたり、教室エントランスで始めた家庭菜園のミニトマトが実になり始めたり。


美味しい食べ物に感謝×2の日々を送っています。

2019年7月2日火曜日

嬉しいニュース

ギター科にまつわる記事が続いていますが、ピアノ科も、もちろん毎日賑やかです♪

思春期を迎える生徒さんが増え、人生について悶々としている様子が伺えます。
いいなぁ、青春だなぁ…と微笑ましく感じながらも、ピアノの音色が彼らにとって心の友となるよう丁寧にケアしています。

先日、お引越しを機に退会された後も、福岡にお越しの際にはレッスンにお立ちより下さる大人の生徒さんから、またまた素敵なご報告を頂きました。

昨年、コンクールに挑戦、見事に銀賞を受賞された記念コンサートが神戸で開催され、立派に出演されたそうです。

全国大会では諏訪のホール。記念コンサートは神戸のホール。私からしても羨ましい。


日本には素晴らしいコンサートホールが沢山あります。響きの素晴らしいコンサートホールで一度演奏するだけで、演奏者の上達度がぐんとアップします。

「ホールが助けてくれる、教えてくれる」事ってあるんです。

もちろん、ホールで聴くことでだって、音色の繊細な色使い、迫力や息遣いが臨場感をもって伝わってくるので音楽っていいな、ピアノっていいなと感じるいい機会になります。

嬉しいニュースをありがとうございました。