2012年11月17日土曜日

デュオリサイタルin あいれふに向けて

私たち講師は、フランス留学中にソロのレッスンの他に、
ギターとピアノのデュオとしても勉強を続けてまいりました。
(他の楽器との室内楽ももちろん勉強しています。)

楽曲が少なく、お互いの楽器の魅力を引き出す為の音量差が圧倒的に違うため、
なかなかお目にかかることができない組み合わせのデュオです。

特にお互いの一番良い音量バランスを見つけるのがとても難しいのですが、
続けていくうちに、お互いの楽器の新たな魅力を引き出す可能性があるのではないかと感じ始め、今ではきっとギターとピアノのデュオが他のデュオと同じ位に世間に更に浸透していくという確信を持ち始めてきました。

こういった使命感を感じられるようになったのは、留学中に

・室内楽の先生のバランスを重視した妥協のないレッスン
・近藤の師匠であるDUO Meilsのデュオとしての練習法、視点
・安田の師匠のダニー女史の楽曲に対する総合力
 (ダニーは室内楽のレッスンもしています。)

など、多くの尊敬できる音楽家の方々が私たちの可能性を後押しして下さったおかげです。

そんな多くの方の思いを乗せた素敵な楽曲をメインにプログラム構成しました。